ホーム>ORDERMENU>オリジナルバンチ

オリジナルバンチ

オリジナルバンチ

original bunch book

Corvoでは「生地にも責任を持つべき」の考えのもと、Corvoはシーズンごとにオリジナルの生地を提案する。

よいブランドとは自ら生み出す商品の、「素材」「縫製」そして「審美性」を高めることに努めるべきだ。

使用者、作り手が最良と思える生地でなくては「最良のスーツ」とは言えない。

Corvoでは以下の三点を「最良の生地」と定義する。

 

 縫製の観点からの良い生地

Corvoの縫製はアイロンワークを駆使する。

アイロンワークとはアイロンの蒸気と熱で生地を立体的に仕立てる技術を指す。

あまりに軽量、目付の粗い生地では「しわ」「ぶくつき」の原因となる。

適度なウエイトがアイロンワークとの相乗効果で美しいドレープを生み出す。

そうした観点から生地の選別を行う。

 使用状況の観点からの良い生地

ハードなビジネスシーンの使用で耐える物でなくてはならない。

実は縫製の観点から優れた、適度のウエイト、目付の生地はこの条件を満たす。

相手に信頼感を与える、光を纏った自然な光沢のある上質な生地。

Corvoは上質なスーパー110~150の生地を中心に取り揃えた。

大切に着用していただければ5年~10年は使用していただける生地を選んだ。

デザイン面での良い生地

Corvoでは最新のトレンドをくみ上げる。

一般のアパレル業界の常識では製品のラインアップは2年先まで組まれている。

しかし、Corvoでは入荷の半年前にイタリア、英国に拠点を置くバイヤーから最新の生地のトレンドを把握し、サンプルを準備させる。

また、そこでCorvoでは自身の提案するスーツに適うか吟味の上、3か月前に生地を決定する。

 

ページ上部へ