ホーム>製品案内>駿

駿

駿

駿(はやお)の取り扱いにあたって

20173111269.jpg

2017年「駿」は、2016の「莞爾」「奉文」の発表に続いての「価値の創造」として発表した。

「男性性を極限までに引き出す」を趣旨に「駿」はデザインされた。

テーラードの伝統は踏襲しつつも、「価値の創造」に邁進するCorvoを具現化した意匠となっている。

「莞爾」「奉文」と並び、Corvoの象徴となる存在である。

 駿の「意匠」

201731112519.jpg

駿はダブルブレストという非常に難しい意匠となっている。

釦位置、ラペル幅、打ち合い幅すべてに綿密に計算した。

日本人がはじめて着た洋装はフロックコートいわれている。

「駿」はダブルブレストのジャケット、ダブルのベスト、古典的なフロックコートを原型としている。

フロックコートはもともと昼間正礼装であった。

Corvoではフロックコートに、伝統回帰という原点に立った上で、新たな解釈を加え、新たな「意匠」として提案した。

現代の流行に合わせた深いVゾーン。適切な着丈。

また、日本の着物文化の羽織に着想を得、柄物の上質な裏地を使用した。

「駿」は最も懐古的であり、最もフォーマル、それでいて新しい「意匠」である。

2017311121030.jpg
201731112106.jpg

 

駿の縫製の「特長」

「莞爾」と同じくテーラードの伝統を踏襲した仕様。

重くなりがちなダブルブレストであるが、軽量の毛芯を使い、軽い着心地を実現した。

通常のダブルとの大きな相違点として、ベストを着用し前ボタンを開けて着用することを想定し、ダーツを大きく取り、腰を絞った。

アイロンワークを活用した自然な襟のロール、腰の絞りになった。

2017311132611.jpg

ページ上部へ