ホーム>Corvoのこだわり>副資材

副資材

副資材

スーツを仕立てる上で欠かすことのできない毛芯、襟芯、肩芯などについて紹介する。

 

副資材の重要性

201842005956.jpg

一般にオーダーメイドスーツはどんな生地を使っているかで優劣を語られるっことが多い。

スーツ好きは仕立ての良し悪しで語る。

一流と言われるテーラーでさえ顧客に見えない副資材のコストを省いたスーツを提供している。

副資材にこだわったスーツ、粗悪なものをつかったスーツはでき上がり時の見た目には差はない。

しかし、良質な毛芯はスーツのシルエットを長く保つ。

長く、良質状態を保つには副資材が重要となる。

また、良質な襟芯は首によくフィットする。良質なたれ綿は腕の廻りを楽にする。

ポケットの芯は上質なものを使わないと経年劣化で口が開きだらしない。

Corvoはそれを知っているから、副資材に妥協しない。

 総毛芯へのこだわり

201842653659.jpg

安価なスーツは半毛芯を主に使用する。さらに安価なスーツは接着芯だ。

この業界では「15万以下のスーツで総毛芯はありえない」といわれている

やはりシルエットの持続性を考えるなら総毛芯が一番だ。

総毛芯とは前身すなわち肩から上着の裾までに芯を入れることをさす。

Corvoでは毛芯の中でも最高級とされる、馬の尻尾の一本毛を使用した「本バス芯」を使用する。

また昨今の流行に合わせ比較的ソフトな毛芯を使用している。

台芯、肩増芯、胸増芯、フェルトの四層構造の芯は立体的で男性的な胸の膨らみを生み出す。

 

本水牛釦

201842651218.jpg

水牛の角を削りだした本水牛釦。

通常のスーツ店は3000円~5000円のオプション扱いだ。

Corvoでは標準仕様とする。

プラスチックなどの練り釦は経年劣化する。

それは長くスーツを愛用いただくことを前提とするからだ。

天然素材の釦は経年変化を楽しむことができる。

 裏地

201842651246.jpg

キュップラーの裏地。

通常のスーツ店は3000円~5000円のオプション扱いだ。

Corvoでは標準仕様とする。

キュップラーはコットンを原材料とする。

耐久性はポリエステルの裏地に劣るが、滑りの良さ、吸湿性、速乾性に優れる。

それはスーツの表地を守ることを意味する。

ページ上部へ