ホーム>コルヴォ名古屋・大阪ブログ

コルヴォ名古屋・大阪ブログ

カシミヤについて

10月になっても名古屋は最高気温が30度前後もあってコートの準備がまだという方も多いのでは?

スーツに合わせるコートといえばチェスターコートが王道だ。 コルヴォでもオーダーを受け付けている。

今月内に注文いただいたらおおよそ12月中旬には仕上がるので検討中の方はお早めに。

チェスターコート用の生地として一般に有名なのはカシミヤ、ウールだ。

珍しい物ではビキューナ、キャメル、チンチラなどがある。 今日はコートの中で最もポピュラーなカシミヤについてご紹介する。

カシミヤはカシミヤヤギからとれる原毛を使用している。 首下の原毛が希少とされる、一級品として扱われる。

また、白度と言って原毛が白ければ白いほど高価となる。

白いカシミヤはホワイトカシミヤと言って希少性が高い。

特にベビーカシミヤと言って生後6か月後のカシミヤ山羊から採取さる原毛用いたものは希少で肌触りがよく、最高級とされる。

カシミヤ混またはカシミヤ製として格安で出回っているコートのカシミヤは成体の白度の低いものだ。

やはり上質なカシミヤのオーダーコートとなれば15万はしてくる。

また今季はちょっとゆったりした、着丈の長い(膝下ぐらいまで)のものが流行だ。

私事だが、私も今季のコートのオーダーを入れていなかった。

ロロピアーナのゼニスにベビーカシミヤの白があったので今季、自分用に注文した。

私の身長170㎝に着丈115㎝(膝下半分ぐらい)にダブルでプリーツありの贅沢なデザインにした。 通常コートの場合生地は2.5mだが、このコートは3mを必要とする。

同じ仕様のコートなら、コルヴォの定価で50万する。これでもラグジュアリーブランドなら300万近くするので良心的だと思っている。(笑)

ラグジュアリー感がすごく漂うコートになると楽しみだ。(笑)

2018108164528.JPG

 

パターンオーダーシャツ~オプション編~

今も昔もオーダーって特別感がありますよね。

デザインや生地やサイズまで自分好みに出来ますし。

細かいところを上げていくときりがないですが、オーダーしていると必ずと言っていいほど耳にするオプション。

オプションが幅広いと、オーダーの楽しみは増えますね。

今回は一部、そのオプションをご紹介します。

まずは釦。ー¥400~1000

2018101185223.jpg

ベースは標準釦ですが、オプションで貝ボタンをはじめ多種お選びいただけます。

次にカラー。ー¥400~1400

2018101185255.jpg

シャツデザインにおいて重要な、襟の部分ですね。

ベースはスタンダードなレギュラーカラーやワイドカラー。

しかし画像の様に、少し変わったカラーもお選びいただけます。

シーンによって、タブカラーやピンホールカラーはお勧めですよ。

デュエボットーニ(衿に釦が二つ付いたものーイタリア語で釦二つという意味)がお好きな方もご安心ください、お選びいただけます。

次にカフス。ー¥400

2018101185326.jpg

小丸や中丸等ががベースとなります。

画像の様に、オプションでダブルカフスも可能です。

ミラノカフスもございますよ。

「いつもダブルカフスだから」「ちょっと拘りたくて」なんて方も是非。

またオプションで、ポケットをフラップ付きにしたり、もちろんネームも入れることが出来ます。

せっかく作るなら、自分なりの物にしたいですよね。

Corvoでは、スーツに関しては基本的にオプション代金は頂いておりません。(一部有料オプションもございます)

シャツも基本ベースは無料なのですが、オプション項目が多いので今回ご紹介させて頂きました。

もちろん使用シーンによってアドバイスもさせて頂くので、この機にいかがでしょうか?

女性受けするスーツ

高級スーツを買うと奥様に何かといわれる方もおおいのでは。

男が着飾るというのは女性を意識した行為である。

イタリア人、特にラテン系のナポリは女性を口説くために命を懸ける。着飾るというのその一環なのだ。

ナポリのスーツは派手な色が多い。

英国では女性を立てるために男性は着飾る。

なので英国のスーツは、主張の少ないオーソドックスなスーツだ。

英国では女性が着飾る場では男は引き立て役なのだ。

裏を返せば男性がスーツにこだわらないという事は女性を軽んじていることになる。

2018104171939.jpg旦那に浮気心を頂いてほしくないのは世の奥様方のおもいだ。

奥様のためにも男性はお洒落に気を使うべきだ。

そうすれば高級スーツ買っても文句を言われることはない。(と思う)

パターンオーダーシャツ~縫製編~

こんにちは。

今回は縫製について。

前々回で価格、前回では生地をご紹介しました。

是非合わせてご覧ください。

縫製編に入る前にまずオーダーシャツなんですが、オーダースーツと同じように種類がありますよね。

パターンオーダー、イージーオーダー、フルオーダー。

どれを選ぶかは、価格や使用シーンなどによって選択されます。

身体にしっかりフィットしており、かつ良い生地でとなればフルオーダー。

ビジネスユースでとりあえずサイズだけは合わせたいとなればパターンオーダー、イージーオーダー。

では、具体的に違いは何なのか。

その一つが縫製です。

 

201892716559.jpg

Corvoでは、手裁断のフルオーダーラインもご用意しておりますが、基本的にパターンオーダーラインだとCADシステムによるコンピューター裁断です。

複数の職人によって縫製されます。

綿生地は本縫いもしくは二本縫い。

綿ポリ生地はインターロック。

インターロックをご存知の方で「強度がちょっと、、」と思ってらっしゃる方も少なくないでしょう。

しかし、強度だけでは良し悪しは判断できません。

「この縫い方が良い」なんてことはないのです。

その生地に見合ったベストな縫い方というものがありますから。

本縫いは高い技術が必要なので、高価にはなりますね(笑)

その他に、例えば芯地。

完全接着芯、仮接着芯、フラシ芯の三種仕様があります。

完全接着芯は、芯地と生地を接着剤で完全にくっつけてしまう仕様。

パリッとしており、皺になりにくいです。

しかし着用感は相応のものになります、既製品に多いです。

仮接着芯は、芯地と生地を接着剤で軽くとめた仕様です。

洗濯するごとに接着が取れていくので、最終的にフラシ芯となります。

フラシ芯は、芯地と生地が縫製によりくっついているもしくは芯地が生地の間にそのまま入れられている仕様。

皺になりやすいですが、着用感に優れます。

「フラシ芯でなければ」なんて言う方もいらっしゃるくらいです。

高い技術が必要になり、フルオーダーではフラシ芯が多いですね。

Corvoでは、完全接着芯と仮接着芯をを選び頂けますよ。

よく分からないという方も、ご安心ください。

使用シーンや洗濯方法をお伺いして、ベストな仕様をお選びします。

また、ここでオプションなどもご紹介したいのですが、長くなってきたので次回にします。

是非ご覧ください。

 

 

H様お仕立て

20181020484.jpg201810204835.jpg

20181020499.jpg

 

H様

ロロピアーナのウール&カシミヤでお仕立て。

ロロピアーナらしい独特のシャドーチェックにブラックのオーバーペンがシック。

パンツに悩みをお持ちなH様。下半身が筋肉質で出尻補正、O脚補正、前腰を入れました。

パンツのフィット感にご満悦。

ハイセンスのH様は流行に惑わされず常に3Bでのお仕立て。

ロロピアーナの気品のある生地にクラシカルなデザインが好相性。

出番はもうそろそろですね。

H様、またのご来店お待ちしております。

M様お仕立て

201893012581.JPG

2018930125822.JPG

経営者のM様、3Pをタスマニアンでお仕立て

(修正が入ってお待たせしましてしまいました。申し訳ありません。)

グレーにチェックにさらにブルーのオーバーペンがアクセント。(いや~、かっこいい)

K様お仕立て

2018930125426.JPG

2018930125448.JPG

 弁護士のK様 ダブルチェスターコートでのお仕立て

ロロピアーナのベビーキャメル生地はカシミヤを上回る保温効果があります。

K様、寒い冬には重宝されると思います。(出番まだ先ですが)

パターンオーダーシャツ~生地編~

前回に続きまして、パターンオーダーシャツ生地編です。

お選び頂ける生地をご紹介していきます。

前回は価格のご案内をしましたが、各価格帯によって選べる生地は違います。

まず¥8000の生地です。

201892617453.jpg

基本となる白、青のベースカラーにグレーが充実しています。

加えてストライプですね。

素材は綿ポリです。

次は¥12000の生地。

201892617491.jpg

機能性の高い生地バリエーションが豊富です。

201892617511.jpg

こちらは高級綿100%の生地です。

それぞれ織り方や糸の太さも違うので、質感が変わってきます。

次に¥14000の生地。

2018926175344.jpg

一風変わったデザイン性に富むインポート生地です。

こちらも素材は高級綿100%。

バリエーションもまだまだございますよ。

そしてこちら、上二つが¥16000 下段が¥19000。

2018926175645.jpg

こちらもインポート生地ですね。

デニム生地なんかもご用意してますよ。

こちらもデザイン性が少し強めになってます。

そして下段の¥19000生地ですが、素材はなんと GIZA COTTON。

エジプト綿の一種で、繊維の一本一本がとても長いもの。

繊維が長ければ長いほど高級だと言われている綿ですが、これは超長綿と呼ばれるとても希少な綿です。

お値段ははりますが、その分最高の着心地を体感できるでしょう。

まだまだ種類はございますが、すべてをご紹介するには数が多すぎて、、、

因みに¥8000~¥14000の生地ですと、それぞれ100を超える種類からお選びいただけます。

店頭で是非ご覧ください。

 

パターンオーダーシャツ~価格編~

こんにちは。

今回のブログはパターンオーダー ~価格~ 編。

何を購入するも、価格は気になるところですよね?

ご案内していきます。

 

2018925185944.jpg

パターンオーダー¥8000~

皆さんはドレスシャツを購入する際、レディメイドでしょうか?オーダーメイドでしょうか?

使用シーンによって分けている、といった方もいらっしゃるでしょう。

レディメイドですと、近年2000円台でそれなりのものを購入できますね。

シャツは消耗品なので、例えばスーツと比べると、掛ける金額は全然変わってきます。

しかし消耗品とはいえ、シャツは重要なアイテムです。

スーツにしてもオフィスカジュアルにしても、シャツは着ますからね。

夏場なんてシャツ一枚ですから、せめてサイズくらいは合わせておきたいところ。

レディメイドで「サイズがピッタリ」なんて方は多くありません。

そこでオーダーメイドなのですが、中でもパターンオーダーは価格的に手に取りやすいんです。

一般的には¥10000掛からない程で仕立てることが出来ます。

Corvoでは¥8000~お仕立て可能です。

価格帯は

¥8000 - 綿×ポリエステル

¥12000 - 高級綿100%または高級綿×ポリエステル

¥14000 - インポート生地

¥16000 - インポート生地

¥19000 - インポート生地

 

Corvoのパターンオーダーは「フルオーダーっぽい」と評判です、クオリティも◎。←自分で言っちゃいます(笑)

弄れるヶ所も多いので、これがまた人気なんです。

レディメイドを購入するなら、少し上乗せしてオーダーメイドがお勧めですよ。

シャツはダボっとしてると印象が良くないんです。

それに消耗品にお金を掛けられる方はかっこいいですから。

生地も豊富に取り揃えてますので、また次回にご紹介しますね。

「ちょっと気になるな」なんて軽い気持ちでもお気軽にご来店ください。

お待ちしてます。

 

大阪店

 

季節も変わり目という事もあり、今回は改めてお店紹介をしようと思います。

2018911172959.jpg

 

2018911181842.jpg

ディスプレイです。

2018911173223.jpg

応対スペースは以前と変わらずこんな感じになっています。

都会の喧騒の中、ジャズクラシックを聴きながらゆったりした空間で。

たまにジブリクラシックとか流れてますよ(笑) 

201891118821.jpg

これは一部ですが、ロロピアーナ中心に生地も豊富に取り揃えています。

2018911181139.jpg

現物生地もお選びいただけますし、仕上がりのイメージがしやすいですね。

2018911181437.jpg

大阪店では私がお仕立て致します。

社会に足を踏み入れてから五年が経ちますが、ラグジュアリーやスーツブランドを経て、テーラーとしてここまできております。

この空間ではお仕立てだけでなく、お客様から色んなお話を聞かせて頂きますが、それも楽しみの一つです。

ビジネスのお話から旅のお土産話まで様々、是非遊びにいらして下さい。

 

ページ上部へ