ホーム>コルヴォ名古屋・大阪ブログ>代表コラム

代表コラム

クールビズに向けて

コロナで 世の中が暗い雰囲気です、皆さま健康をお祈り申し上げます。

コロナが落ち着いたら皆様のご来店お待ちしております。

5月からクールビズ開始の企業が多いのではないでしょうか。

クラシックなスーツスタイルの愛好家の中ではいまだ、クールビズに根強い反発があります。

昨今の猛暑に鑑みクールビズをさらに強化したスーパークールビズというジーンズ、サンダルまでを許容するスタイルも出てきているそうです。

僕個人はクールビズも仕方ないのではと。

今の日本の暑さでは通常のスーツではとてもじゃありませんが凌ぎきれませんもんね。

暑さを凌ぐ、素材、生地について紹介しようと思います。 夏用素材というと麻、コットンが一般的です。

コットンは綿のことで、シャツ、下着、チノパン、タオルなど馴染みの深いものです。

コットンは吸湿性に優れ、家庭用の洗濯機でも洗濯しやすいということで、普及したもので正直、涼しい素材かといえばそうではありません。

この洗濯できるというのは汗をかく夏場に重要ですよね。

実はウール素材はコットンより素材その性質的は涼しいのですが、夏といえばコットンというのはそうした理由になります。

素材自体の涼しさ以外に、織り方が重要です。

特に僕がシャツ生地で一押しなのが、からみ織り。

メッシュ状で通気性が良く、強く撚っているので汗をかいても肌に張り付きにくくお勧めです。

リネンは自然な光沢があり、丈夫で、コットンの四倍、吸湿性、撥水性があるとされます。

目の甘い織り方で通気性に富んだ生地が多く、夏用の生地として認識されています。

リネンはシワになりやすく、カジュアル感が出ますが、冷房が発達していない時代は夏の紳士スーツにも使われていた伝統的素材です。

吸湿性のせいで汗を吸いやすくジャケットなどはすぐに臭くなります。

リネンは家庭用の洗濯機でも洗えるので、じゃぶじゃぶと洗ってしまいましょう。

アイロンで皺の伸びも良いのでアイロンがけも割と簡単です。 リネンの難点は色落ちしやすいことです。 白、ベージュ、茶など薄い色味のものが多いのは、この特性が理由です。

シワが気になる方はウールなど混毛の物をお勧めいたします。

202022912564.jpg

ジャケット生地のススメ

私事ですが、30過ぎて昨年ジーンズデビューいたしました。

今季はジーンズに合わせるジャケットを一着新調しようと。

夏場にスーツのスラックスを履くのは汗で痛みも早いし、なかなか洗えない。

ジーンズなら家庭用の洗濯機で気にせず洗えるので、昨年からワードローブに取り入れました。

今回選んだのはこれです。

2020229162411.jpg

ロロピアーナの「プロポステ」から。

「プロポステ」はシーズンごとに提案されるカードのジャケット生地サンプルです。

茶色の地にブルーのチェックが、藍色のジーンズに合わせやすいと思い決めました。

青と茶の組み合わせはイタリア人の好む色合わせですね。

素材は麻、ウール、シルクの三者混です。

麻100%の涼しく、カジュアルな生地も良いのですが、すでに手持ちに白とブルーのものがあるのと、割とフォーマルなものが好きなため三者混にしました。

夏は涼しい芯なしでお仕立て。

202022912564.jpg

これは5年ほど前に仕立てたグリーンのジャケットの色違いです。

一見、ブラックウォッチぽいのですが、こうした捻りを入れてくるのがロロピアーナぽい。

グリーンも青の同系色ですので、ジーンズには好相性です。

分かりにくいのですが腰ポケットが前下りのバルカパッチになっています。

これはコルヴォのオリジナルで、熟練したアイロンワークで可能となる手の込んだ仕様です。

これほど生地を曲げているのにあまりに柄合わせが完璧すぎて腰ポケットがパッチか判別しにくいです。(笑)

カジュアル感を出すには、あえて柄をずらすのも通好みで良いかもと思いつつ。

202022912578.jpg202022912578.jpg

これも5年ほど前に作ったカシミヤの夏毛を使用したサマーカシミヤとシルク混のジャケット。

もう廃盤になった生地ですが、確か仕入れ値で1mあたり5~8万する生地でした。

仕立値で30万ぐらいする僕の大切な一張羅です。

暑くて、日本でサマーカシミヤは使い道がなく箪笥の肥やしになっています。

ジョン・クーパー

今季、初めて入荷した「ジョン・クーパー」。

いつもは生地紹介は外のサイトであふれているのでうちではと思うのですが、 この生地は紹介せずにはいられません。

生地好きでもご存知のない方が多いのでは。

「ドブクロス」のザ・英国生地です。

イタリア系の生地のような柔らかい生地が人気の中、英国生地もだんだんとイタリア生地に似てきて違いがなくなってきた今、ジョン・クーパーは大変に珍しい存在です。

「ドブクロス」は昔ながらの「ドブクロスルーム」という名の低速織機で織られた生地です。

一台の織機で一日40m程度、現在は世界でも14台しかないそうです。

マニアの間では「ドブクロ」とも呼ばれ空気を含んだようなその独特の風合い、希少性から人気があります。

ハリがって、英国の曇り空のようなスモーキーな色味、この武骨さはクラシカルなスーツスタイルには最適です。

イタリア生地のような自己主張ではなく奥ゆかしい感じも、レディーファーストの国、英国らしさです。

10年後、これらの生地が手に入るかどうかの希少なものになります。

単に古いものをヴィンテージ生地というのではなく、本来はこうした生地を後世に伝える価値のある本当のヴィンテージ生地だと思います。

合わせるなら黒いストレートチップに白いシャツに、白リネンのチーフとイメージが湧きます。

着分のご用意でツーパンツ、ものによってはスリーピースでの対応は不可となっておりますが、通常よりかなりお値打ちでご購入いただけます。(詳しくは店頭で)

※名古屋店のみでの取り扱いになります。


202024141827.jpg

チーフの選び方

チーフって本当に装飾の意味しかないものですが、存在感があります。

特に日本人は西洋人に比べ胸板がないので、胸ポケットにチーフを指すというのは立体感が出るのでお勧めです。

ちなみに胸ポケットには本来、銃弾から心臓を守る鉄板を入れていたそうな。

白のリネン、シルクは鉄板です。

白のリネンはチーフの中でもっとフォーマルでモーニング、燕尾服、タキシードに合わせられます。

白のシルクは現在ではタキシードなど、パーティーシーンに合わせても問題ありません。

これらの白いチーフはビジネスシーンに使用しても問題なくお使いいただけます。

ビジネスシーンにおいてのチーフに特段決まりはありません。

挿し色としてチーフを使う場合以外は色味がスーツ、ネクタイから違うと全体的にアンバランスになってしまいます。

ネクタイとの色味合わせると全体に統一感が出ます。

紺のスーツなら青い縁取りのチーフというのも統一感を生み出す手です 柄も素材も自由です。

202012316523.jpg

ベージュのスーツに黄色、黄土色のチーフ、茶のネクタイの例

冬物にはウールのチーフというものも御座います。

グレーンチェック

ここ最近の英国調の流れで良く目にするグレーンチェック。

2020123121337.jpg

この間、書店にてグレーンチェックに黄色のオーバーペンのフランネル生地のスーツに 、薄い水色のシャツ、茶のペイズリーのタイをした方をお見掛けしました。

年配の方で70代、80代の方でしたが非常に色合わせがうまくカッコイイなって見とれてしまいました。

ちなみにグレーンチェックにブルーのウィンドーペンを重ねたものを「プリンスオブウェルズ」と呼びます。

エドワード8世ことウィンザー公が「プリンスオブウェルズ」の地位にあった際、好んで着ていたからといわれています。

今ではグレーンチェック、赤、黄色などのオーバーペンのものも合わせて「プリンスオブウェルズ」と総称します。

主張がある生地なのでお堅い職種の方、ビジネス用途には使いにくい面もありますが、洒落感があって英国調を表現しやすい生地です。

今では一般的になっている、当時女性ものの靴とみなされていたスエードの靴をスーツに合わせたのもウィンザー公といわれています。

柄シャツをスーツに合わせる、スーツを2ピースで着る、ダブルモンクの考案者として知られています。

私はウィンザー公にあやかりグレーンチェックのスーツを着る際はスエードか、ダブルモンクと決めています。

柄選び(ストライプ編)

スーツの生地選びで初めに迷うのが柄ではないでしょうか?

今回はストライプについて。

20201945441.jpg

チョークストライプ

チョークでなぞったようなストライプ

20201945526.jpg

バンカーストライプ

スタライプ同士の巾が約1~1.5cmの物の総称

20201945646.jpg

ペンシルストライプ及びオルタネートストライプ

ペンでなぞったような細い線のストライプ

 

まずは代表的なものから

2、3年前までチェックの流行で埋もれがちでしたが最近、英国調への回帰の流れでまたストライプに注目が集まってきています。

ストライプは貫禄を与えつつも、体をスリムに見せる効果もあるのでお勧めです。 ストライプ一つにしても巾、太さ様々なものがあります。

派手なものを選べば、一歩間違えばギャングに。(笑)

ストライプとの間隔が1㎝~1.5㎝前後のものを「バンカーストライプ」と呼びます。

所謂、銀行員、金融関係の方が好んで着るという意味で「バンカーストライプ」と呼ばれます。

ビジネス用途のスーツに最適で、信頼感を与えるストライプです。

ギャングになるのを避けるには巾2㎝ぐらいにとどめるのが無難でしょう。

20201945950.jpg

オルタネートストライプ

オルタネートストライプは2種類のストライプを織り交ぜたもの指します。

バブル期に流行しておじさん臭いというイメージがあります。

裏返せば、貫禄と渋みを出せる柄とも言えます。

オルタネートストライプは僕も好きな柄です。

真面目な雰囲気を出したい時によく着ます。

2020195246.jpg

色糸系のストライプ

ストライプは白色のものが多いですが、赤、青、黄色など色を使ったものもあります。

派手になりやすく生地選びの際はスタッフとよく話し合って選ぶのが無難です。

 2020195412.jpg

織のストライプ

織でストライプを出した、ちょっと変わったストライプです。

ストライプは割と雰囲気が似通ってきます。

オルタネートストライプ、色糸系のストライプと同様にちょっと人と違うものが良いという方にオススメです。

ストライプの生地を選ぶお勧めのブランドはゼニアです。

ゼニアはビジネス用途の生地をメインに扱っていますので、ストライプの生地の提案が多い生地ブランドです。

他のブランドとは違い、捻りを効かせた、オルタネートストライプ、へリングボーンを合わせたものを得意とします。

リザードのシューズ

爬虫類の独特の革の感じが僕は好きです。

リザード、クロコダイルって「リッチ感」に伴い「金満臭」、「悪趣味」「怖い人(笑)」というイメージがあって合わせにくいアイテムですよね。

2、3年ほど前にエキゾチックレザーにはまって、立て続けに2足リザードのシューズを購入いたしました。

201912300858.jpg

ブランドは2足とも同じスペインの靴メーカー「カルミナ」です。

「カルミナ」を含めスペインの靴メーカーは、総じてシャープさがあって、つくりはイギリス靴に多い堅牢なグッドイヤー製法が多いです。

スペイン靴は知名度から英国、イタリア製の靴に比べコスパが良いです。

「カルミナ」は特にエキゾチックレザーのコスパが良いと定評があります。

私は靴についてはあまり詳しくないのですが、個人的に「カルミナ」は気に入っているブランドです。

コルヴォにはジョンロブ、ビスポークというお客様も多いので靴を話題にするにも気を使います。(笑)

エキゾチックレザーをスーツスタイルに取り入れ「リッチ感」を演出するのなら、コスパの話は無しにすべきでしょうが。(苦笑)

2,3年前まで通常、クロコダイルで50万、リザードで20万前後ですが、カルミナでは15万、10万程度で購入できました。

年々、インポートブランド物は値段があがっていますので、現在もこの金額より上がっているかもです。

特にローファーはセールで7万程度買えたと記憶しています。

リザードはアクが少なくエキゾチックレザーにしては取り入れやすいアイテムかと思います。

エキゾチックレザーに共通するのが革が牛皮に比べ柔らかく、履き馴染みが早いです。

「カルミナ」はダブルモンクの形に定評があります。

201912300627.jpg

近年のダブルモンクの流行の中で「カルミナ」の認知度を上げた、「カルミナ」のアイコン的アイテムです。

尖りすぎず、丸くなりすぎず、適度な塩梅がイタリア、英国スーツどちらにも合います。

201912300716.jpg

「カルミナ」のタッセルローファーは英国系のローファーに比べシャープでドレッシーで今どきのスーツタイルに好相性です。

予算十万で最良のスーツを買うには。

コルヴォの中間価格帯はフルオーダーラインで15~25万前後。

「コルヴォは高い」 そんなイメージを持たれていませんか。

最近は縫製工場も生地商社も年々、値段が上がって言います。

10年前と比べインポート生地は顕著に円安、原材料高騰のあおりで1.5倍ぐらいの値段に。

更に昔は、「30年前はこの生地は○○円、あの工場の縫製賃は○○円だった。それでも生地屋も工場もテーラーもみんな仕事がいっぱいで儲かった。」

と同業の先輩からお聞きするとびっくりします。

コルヴォのお客様でも日常使いのスーツ全て数十万のスーツをという方は少ないです。

でも10万円以下のスーツも一押しです。

初めは「社長さんが社員さんにスーツをプレゼントしたい」「成人式用に」とお値打ちなものをとの要望で予算の中で一番良い提案をできたらと試行錯誤いたしました。

まずは生地選びです。

ロロピアーナ、ゼニア、スキャバルなどの一流生地ブランドの高価な生地では予算内に収まりません。

コストパフォーマンスが高い生地ブランドといえばスキャバルの系列のイタリア系ならテシルストローニャ、英国系ならアーサーハリソンズが上げられます。

雑誌などではレダ、カノニコが上げられますが、以前ほど質と共に、徐々に仕入れ値が上がっていますのでコストパフォーマンスという面では疑問です。

次に縫製です。 コルヴォのパーソナルラインは正真正銘の総毛芯、最近多い毛芯を接着芯で固めた物ではなく糸で留められたものです。

糸止めの毛芯は接着芯と違い、雨、汗などの剥離に強く長く形を維持できます。

コルヴォのパーソナルラインはCADシステムといい、既存の型をベースにパソコン上で型紙を製作します。

対応力は手書きの型紙に劣ります。

しかし、体形補正などの基本項目は指示できますので、豊富に型をご用意してますので、9割方の体型はカバーできます。

また、スーツの出来栄えに非常に重要な中間プレス(製作途中に立体的に生地を曲げる工程)も行っているので、そばで見ない限りフルオーダーに近い仕上がりになります。

中間プレスを行うと胸に高さが出て、スタイルが良く見えます。

縫製面でもボタンホールはミシン縫いですが、細い糸を使用し後メス(ボタンホールを作ってから穴をあける)ですので仕上がりは綺麗です。

ミシン縫製ではボタンホールが汚いとか、細かな部分に粗のある工場が多いのですが、コルヴォのパーソナルラインではその心配はご無用です。

パーソナルオーダーはフルオーダーに比べ基本オプションが少ないです。

他店さんではオプション、オプションでいわれていた金額のプラス1万ってことも。

コルヴォではよく注文を受ける、基本的な部分は無料です。

ステッチ、天然のナット釦、本切羽、継台場、キュップラー裏地も無料です。

水牛釦を追加しても2000円です。

2ピース98000円+2000円(本水牛釦)、合計10万でおさまります。

今はスキャバルフェアー中なので、スキャバル生地を使っても98000円です。(正直、安い(笑)!!!)

グローブのお話と、

 今年は暖冬で手袋なしでも外出がさほど苦ではありません。

イタリアではコートに手袋をチーフのように挿すことが多いです。

防寒性の機能以外にファッションアイテムとして取り入れるのもありでしょう。

ちなみに大きく分けて革手袋は内縫い、外縫いのものがあります。

内縫いは外に縫い目が出ないのでドレッシー、スタイリッシュな印象を与えます。

2019122504344.jpg

https://merola.jp/より

内縫いはピッタリ目の物を選ぶことをお勧めします。

内縫いはドレッシーなチェスターコート、濃色系のアルスターコートに好相性です。

外縫いは縫い目が外に出ているもの。

2019122504240.jpg

https://merola.jp/より

野趣的でややカジュアルな印象になります。

外縫いの物は割と色味、素材もシュリンク、牛皮以外にオーストリッチなどバリエーションが豊富です。

外縫いの手袋はスポーティーなポロコート、トレンチコートなどと好相性です。

とくにハンドメイドグローブで有名どころとしては、イタリアのメローラ、イギリスではデンツが上げられます。

私は好んでメローラの手袋を二枚とネクタイを3本所有しています。

冬はグローブ、閑散期の夏場はネクタイを作るという、グローブとネクタイの専門ファクトリーブランド。

東京にしか店舗がないようですが、通販サイトもあり年に一回程度、私も購入しています。

私事ですが銭湯めぐりが趣味なので、グローブが恋しくなるようにもっと寒くなってほしいものです。

2019122504521.jpg

 

私にとって今年一番残念なニュース。

私のここぞという時の一着をお願いしている、フルハンドメイドの職人さんが今年限りで引退されることを聞きました。

来季は何を作ろうか楽しみにしていたのですが、残念でなりません。

現在、オーダーメイドスーツ業界の職人不足は大きな問題です。

今現役のスーツ職人さんって70代の方がほとんどで高齢化が深刻です。

一番の問題は日本で明治以来培われた技術が途切れてしますことです。

改めて手縫いのスーツの魅力を伝えねばと、思う次第でございます。

高価格帯の商品は、なかなかうまいブランディングがないと厳しいのかと思います。

日本の職人さんの手仕事は海外に負けてないのに謙虚な方がおおいので、もっと脚光を浴びていただきたいと思います。

スーツの名脇役、ボタンのお話

2019122213612.jpg

ボタンはスーツにとって欠かせません。

女性のアクセサリーのように小さくても存在感抜群です。

ボタンが安価なものではスーツまでもチープな印象を与えます。

仕立てのイマイチのスーツでもボタン一つでワンランク上質なものにも見えます。

光沢のあるもの、マットな物ありますが、テーラーでは高級感のある艶のあるものが好まれる傾向にあります。

スーツ、ジャケット用のボタンには様々なボタンがあります。

安定した品質の石油製品の練り釦、自然素材を活かした天然釦、金属製のメタル釦、超高級品としてべっ甲なんてものもございます。

最近では10万を超えるスーツでもプラスチックボタンっていうものも増え、天然釦のスーツは希少性を増しています。

今日紹介するのはスーツ用の高級釦の代名詞は水牛釦です。

これは水牛の角を削りだしたものです。

自然の色味を活かし、天然物で木の年輪のように、模様がどれ一つとしてないのが魅力です。

20191222133118.jpg

色がダークブラウン、茶、ライトブラウンに淡くなるほど希少で高価になります。

20191222133146.jpg

オフホワイトは最も高価な物として市場に出回っていますが、これは水牛の角ではなく、骨を削りだしたものです。

経年変化は割としにくいという特徴があります。

2019122213346.jpg

意外と注目されないのが「ナット釦」。

本水牛釦に次ぐ高級釦とし使われます。

これはエクワドルのタグワ椰子の実が原料となっています。

完熟を通り過ぎ、落下し乾燥し硬化した種子を原料としてます。

この原料となる種子は「象牙色」で乳白色をしています。

染色が容易なため、様々の色味のナット釦が出回っています。

経年変化で濃くなるのを楽しめる釦とされます。

水に弱く色落ちしやすいため、注意が必要とされます。(私個人的には色落ちで不便を感じたことはありません。)

ナット釦は水牛釦より柔らかな印象になりますので、ジャケット、夏用の薄手、淡い色のスーツにオススメです。

ちなみに英国調のスーツとイタリア系のスーツに使うボタンって形が違います。

20191222133233.jpg

イタリア系のスーツ、特に南部イタリアのテーラーはお椀型のボタン好んで使用します。

2019122213333.jpg

(ひっくり返した写真ですがわかりずらいですが、ご了承ください。)

僕の推測ですがお椀型はナポリのスーツに多い重釦にした際に、釦の重なりが綺麗になるからでしょう。

また、このお椀型のボタンは直径がほかのボタンより1㎜小さく、針孔が小さいのが特長です。

針孔が小さい釦はボタン付け専門の工業用ミシンでも取付けることが不可能ですので、手付けの証になります。

英国調のスーツに多いのは平ぺったいお盆状の形です。

アメリカ系はこの真ん中が凹んだものを使います。

ページ上部へ