ホーム>コルヴォのこだわり

コルヴォのこだわり

コルヴォのこだわり

採寸

対話を重視した採寸

201842003854.jpg

充分研修を積んだ採寸師。

ミリ単位にこだわった採寸技術をもった採寸師による採寸。

顧客の体の20箇所の採寸。

採寸は単に顧客の体にメジャーを当てるだけではない。

顧客と対話しつつ好みを考慮しながら測る。

顧客の体にあわせた体形補正

20184200371.JPG

人間の体は一様な形ではない。

Corvoでは

ジャケットでは、なで肩、怒り型、屈伸、反身、ハト胸、前首、月とり。

パンツなら出尻、平尻、前腰、O脚、ライン逃げ。

このほかにも様々な補正がある。

顧客の様々な体形に合わせた補正を入れる。

フルオーダーならではの対応力だ。

仕立て

仕立てに対するこだわり

201842004359.jpg

職人の手による裁断

アイロンワークを多用した立体的な仕立。

 

(※詳しくは画像をクリックください)

 ハンドとマシーンの融合

201842012721.JPG

着心地に関係する芯据え、袖付けなどの曲線部はハンドで。

パンツの縫い線、裏地の貼り付け、耐久性が必要な直線部はマシーンで。

双方の良い部分を融合させたバランスのとれた仕立て。

 

(※詳しくは画像をクリックください)

素材

生地

201842004534.jpg

Corvoでは自身の作り出すスーツを熟知している。

どんな生地が合うのかも。

厳選された生地を取り扱うことに価値があると通常の仕立店に比べ取り扱い生地は少ない。

これは店頭に並ぶ生地は、Corvoが厳選したものを取り扱うことでどの生地を選んでも間違いないことを保証しているからだ。

Corvoの定めた選考基準を満たしたもののみを収めた、オリジナルバンチの取り扱いを始めた。

 

(※詳しくは画像をクリックください)

 

副資材

201842005956.jpg

Corvoのスーツは直接的には目に見えない副資材にもこだわる。

それは、副資材がスーツのシルエットの構築、着心地、寿命に大きく影響するか知っているからである。

本バス毛芯(馬の尻尾の一本毛)の使用はもちろんのこと。

たれ綿、襟芯も一流の副資材を使用している。

上質な生地を扱うには、上質な仕立を謳うなら、目に見えないところで手を抜いてはいけないことを知っている。

 

(※詳しくは画像をクリックください)

天然釦

20184618192.jpg

Corvoでは水牛の角を削りだした本水牛釦を中心にナット、貝釦を標準としている。

プラスチックなどの練り釦は経年劣化する。

それを使用することはスーツを末永く着ていただくことを前提としていない。

Corvoはスーツを消耗品として捉えない。

遊び心のある裏地

201842015025.jpg

標準でキュップラー素材の裏地をご用意。

また、ビジネスユースを意識した耐久性のあるポリエステルなど100種以上の裏地を無料でお選びいただける。

その他にオプションで様々なデザインの裏地をご用意。

裏地は制約や決まりごとの多い男性服で、唯一の遊べる箇所。

意匠

デザインに対するこだわり

2018420194355.jpg

Corvoでは随時新デザインを制作している。

Corvoはテーラードの基本を押さえつつ、伝統に敬意を払いつつ、新しい意匠の創造に意欲を持っている。

 

(※詳しくは画像をクリックください)

スーツ以外へのこだわり

ドレスシャツへのこだわり

201842661436.jpg

テキストテキストテキストテキストテキスト

 

(※詳しくは画像をクリックください)

 ネクタイへのこだわり

201842662647.jpg

Corvoのネクタイは、西陣の絹地、職人のオールハンドメイドにこだわっている。

 

(※詳しくは画像をクリックください)

 

 

サービス

店舗空間のこだわり

20184202014.jpg

Corvoはスーツ選びに集中できる店内空間を心掛ける。

まるでリビングにいるようにリラックスしていただけるような店内空間。

 

 アフターサービス

201842015334.jpg

Corvoでお仕立ていただいた製品はいつでも修理対応可能。

Corvoのスーツは丁寧に着ていただいたら10年以上着ることが可能。

購入後でも信頼のおける仕立屋を目指す。

一会ではない、顧客との末永い付き合いを意識している。

 

(※詳しくは画像をクリックください)

お手入れ

201842633752.jpg

末永くCorvoのスーツにお付き合いいただくために日々のお手入れの方法を紹介します。

 

(※詳しくは画像をクリックください)

ページ上部へ