ホーム>コルヴォ名古屋・大阪ブログ>大阪店

大阪店

スーツの基本色

スーツを決める時、何色にしよう?と最初に思うことが多いと思います。

今回は、スーツの基本色についてお話しします。

202012321201.jpg

今日本でスーツは黒、グレー、紺の三色が定番となっています。

業界外の方と話すとき、意外と知られていないのは、

スーツの基本色は紺ということ。時点がグレー。

そして黒がビジネスシーンで着られるのは日本だけなのです。


とはいえ私も、社会人なりたて会社員だった頃は作業着としてスーツを着ていましたから

上下一万円の黒ストライプばかりがクローゼットに並んでいました。

紺のスーツを着るというのは殿上人のイメージだったのです。

 

ちなみに日本で黒が基本となったのは、黒を一着持てば冠婚葬祭にもつかえて

便利ですよとスーツ文化を広める謳い文句とされたことと

ハイブランドによる細身でモードなデザインの黒スーツがコレクションに

導入されたことからかっこいい色として認識されたという背景があるようです。

しかし海外での黒は使うシーンがかなり限られており、日本人は地味で

へりくだったつもりで着ていても「特別な装いをしている」と思われてしまいます。

 

基本の紺、ここではとりあえず色鉛筆などでよくある紺色をイメージして

いただきたいのですが、なぜ基本となっているかというと

この色には忠誠や誠実という意味があり、相手には爽やかさや安心感を与える効果があります。

例えばもっとカジュアルな服装でも、全身黒の人より紺の人の方が近づきやすい気がしませんか?

相手から信用を得やすくする、というのが基本的な考えなんですね。

 

そしてグレーは落ち着きや知的さを与える効果があります。

成功者をイメージさせるために、若い人が着るには難しい色だったりもしますが

明暗や素材で印象は大きく変わりますし、無彩色であるこの色はシャツ、ネクタイが

何色でも合わせてしまえる便利さがあります。

また、暗い色になるにつれてフォーマル度があがるため、汎用性があるのも人気の理由のようです。

 

就職活動でも黒が一般的になっていますが、スーツについて調べてみると

一番に出てくる情報がこの基本色についてです。

日本から出る予定がなくとも、旅行や仕事で訪れる海外の方も年々増えてきています。

スーツの色に関するイメージもこれから変わってくるのではないでしょうか。

暖冬

2020116164227.jpg

年が明けて半月、そろそろお正月気分も抜け、普段のルーティンに体が慣れてきた頃と思います。

2020年の幕開け、皆様はどのように過ごされたでしょうか?

 

私はお休み中に住吉大社へ初詣に行かせていただいて、屋台迷路に惑わされつつ

鳥皮ギョウザにビール、どて煮に熱燗で一杯飲んで、と至福の年明けを過ごしました。

 

初詣と言えば昔は、深夜の刺すような冷気の中、時には雪も降る中、行っていた思い出がありますが

年々雪も少なくなっている気がしますし、特に今季は平年より1℃も気温が高いようでまさに暖冬ですね。

 

今冬中にご成約となった生地はオールシーズンやスリーシーズンあたりのものが多めで

寒い時期に大活躍の起毛素材のスーツは、私自身も袖を通さず終わりそうだなあと感じています。

 

とはいえ19AWの生地は品切れが多くなってまいりました。

20SS新作の生地バンチは2月ごろ届いてくる予定ですので、入荷次第ブログでもご紹介していきたいと思います。

 

新年度を新しい衣装で迎えるというのは気分が良いものです。

早めにご成約いただければ間に合わせやすくもなりますが、まずは下見だけでも大丈夫です。

本年も皆様のご来店をお待ちしております。

年末ご挨拶

20191231151215.jpg2019年も終わりに近づいてまいりました。

大阪店は場所を移転してのスタートでありましたが

お客様には格別のご愛顧をいただき、誠にありがとうございました。

 

来年はより一層、お客様にご満足いただけるよう精進してまいりますので

変わらぬお引き立てのほど、宜しくお願い申し上げます。

 

2020年が皆様にとってよい年になりますように。

裏地素材について

2019122620225.jpegスーツの上衣に設えられた裏地。

目に触れにくい部分にあるため軽視されがちですが、実は縁の下の力持ちなんです。

裏地の役割は、摩擦をなくし着脱しやすくしたり、動きやすくする効果とインナー等の透け防止の効果、表地の型崩れや摩耗を防止し長持ちさせる効果があります。

なかでも動きやすくする効果を補っている、裏地素材についてご紹介したいと思います。

裏地生地に用いられる素材は主に『ポリエステル』『キュプラ』『シルク』の3種類ですが、シルクが主流だったのは昔の話。

今はポリエステルとキュプラがよく使われています。

キュプラという素材は、再生セルロース繊維というカテゴリの化学繊維でコットンリンターという、綿花を採取した後の、本来繊維として使われない綿実の産毛部分を原料としています。

この原料を使い、銅アンモニア溶液で溶かし、ギヤーポンプで凝固液の中に押出し繊維にするという方法で作られたものをキュプラ、と呼びます。

風合いはレーヨンと似ていて、レーヨンは1884年に木材パルプと原料とした同じ製法で作られました。キュプラはその後に作られるようになったため正式には銅アンモニアレーヨンと言われます。

キュプラの一番の特徴は、静電気が起きにくいことで、他にはとにかく細い糸にすることが可能なため、シルクのようなドレープ感、光沢感、すべりの良さがあり、さらに絹よりも日焼けしにくく、耐熱性があります。

また、吸湿性、放湿性も良いので、衣服を最大限快適に着ることができます。

しかし、キュプラは水に弱く、水によるシミ、シワ、縮みが起こりやすいので洗濯に向かないというデメリットがあります。

強くこすったりすると毛羽立ちもしやすいです。

そのデメリットをおさえ、また価格も下げるためにポリエステルを混ぜて作られた生地もあり、発色においてはポリエステルのほうが良いことからデザイン性のある生地はポリエステル100%のものになります。

20191226202236.jpeg

ポリエステルのものを敬遠される方もいらっしゃいますが、糸への加工でキュプラに似せた性能を持たせることも可能になっていますから、選択肢は広がりますね。

裏地選びは私も楽しみな時間ですが、表地との色柄の組み合わせだけでなく着心地にもさらにこだわった、自分なりの一着を作ってみてはいかがでしょうか。

生地選びのポイント

生地を選ぶとき、目的やお手持ちの色柄、お好みなどを伺って決めていくことが多いのですが、普段スーツを着慣れない方はイメージや好みは持ちづらいもの。

ブランドもたくさんあって余計に迷ってしまう、という方も多いことでしょう。

 

お客様の中には、推しブランドがあり指名買いする方もいらっしゃいますが、たとえ私たち販売側であっても、自身に合うものは実際に作って着てみないと分からない、というところもあります。

ブランドごとに試行錯誤する、というのはどうしてもお金と時間がかかってしまうものです。

 

しかしたくさんあるブランド生地も産地に注目して見ると、ほとんどがイタリアかイギリスで作られており、それぞれの風土に合わせて生地にも特徴が表れています。

2019121620556.jpg

イタリア生地はよく糸が細いものから作られるため、軽く、柔らかく、しなやかであって、イタリアンが彩り鮮やかなように目に楽しい色使いが多くあります。

仕立てると光沢が一層映え、華やかで艶やかな印象になり、いつも堅苦しく感じるスーツもストレスなく着用することができます。

糸が細い分、毛玉や、擦り切れやすくなってしまうこともあるため、間隔を多めに開けて着たり、皺ができたら霧吹きをかけて戻してあげるなどの手入れが必要となりますが、手間のかかる分、愛着も湧いてきます。

華美な柄でなくとも良いものであることがわかりやすく、色気とスマートなスタイルを与えてくれるので、パーティーや食事会、デートなどアピールする場にぴったりです。

お仕事では服装に関して比較的自由な職場の方におすすめしています。

 

ブランドでいうとロロピアーナ、ゼニア、バルベラ、カノニコなどが有名ですね。

2019121620649.jpg

イギリスで作られた生地は糸が太く、重く、堅く、しっかりした生地が多いです。

デザインは曇り空ともいわれるくすんだグレーがかった色味が多く、オーソドックスな柄で武骨な印象を与えてくれます。

イタリア生地に比べるとツヤがありませんが、古きを大切にした街並みを思わせる重厚感のある雰囲気を好まれる方に人気です。

スーツにすると構築的でたくましいシルエットになります。

仕立ててすぐは堅い着心地なものの、だんだん体に馴染むようになり、デニムのように「育てる」という感覚で着用していただけます。

太い糸を使っていることで耐久性があり、独自の織り方のためにシワに強くなっていますから、普段使いができる生地です。

安定した強い印象になるため、「信用」「信頼」を必要とする職種の方におすすめしています。

 

ブランドでいうと、ハリソンオブエジンバラがこの特徴が色濃く出ています。

また、ドーメル(フランス)や、スキャバル(ベルギー)といったマーチャント(商社系の生地屋)にはイギリスの織元が多く、イギリスらしい定番から生地の特性を生かしつつ流行やデザイン性の優れたものもあるので飽きることもないでしょう。

 

ちなみにイタリア、イギリスの2つに日本を加えて三大毛織産地と言われます。

Corvoで日本産生地の取り扱いはないのですが、イギリス生地と似た風合いのようで、大手高級ブランドからも人気があります。

 

自分の好みがイタリア系なのか、イギリス系なのかがはっきりすると、生地選びもしやすくなるのではないでしょうか。

ネクタイは必要?

20191211133736.jpg

クールビズが定着して、今では年の半分しかネクタイをしない。という方も多くなりました。

社会で(畏まった場以外で)のノーネクタイがこれだけ認められてくると、

そもそも、ネクタイをする意味ってあるの?

もしかして、要らないんじゃない?と疑問がわいてきます。

 

ネクタイの起源についても調べてみたのですが、全世界で広がりすぎたために

曖昧なものばかりで、はっきりとした説はありませんでした。

その中でも一番有力といわれるのは、17世紀にクロアチア兵がしていた、

恋人からお守りとして贈られたというスカーフがあり、それをフランスのルイ14世が

「クラバット」と呼びお洒落に取り入れるようになった、という逸話です。

フランス語でネクタイをクラバットといいますから、かなり信憑性がありそうですね。

そして瞬く間に世界に広がった「クラバット」はその後、服装の機能的な進化と共に

簡素化し、スカーフの形から、今のネクタイとなったようです。

 

お洒落として取り入れられたネクタイはなぜ世界に広がり、廃れず現在まで継承されたのでしょう。

私の推測ですが、男性社会において大変重要な地位や権力を示すための装飾品は、

日本での冠や兜のように、大抵顔の周りや胸より上の位置につけられていました。

貴金属より手軽で邪魔でなく、見る人の視界に入りやすく、防寒にも使える装飾品ということから、

安くて軽くて、手軽に楽しめるネクタイが広く受け入れられたのではないかと思います。

となれば現代、社会的地位を示す手段は増えましたし、暑苦しく邪魔でしかないネクタイは

廃れるしかないのでしょうか。

 

ただ一つ、ネクタイにしかできないことがあります。

それは印象操作です。

 

例えば、アメリカの大統領が演説を行ったとき、紺スーツに赤いネクタイでしたよね。

これが紺のネクタイ、またはノーネクタイに変わっていたらどうでしょうか。

わかりやすいアピールだとしても受ける印象は大きく違うはずです。

初めて会ったコワモテの上司がピンクのネクタイをしていたらどう感じますか?

無趣味そうに見えるあの人が、ドットに見せかけたゴルフボールのネクタイをしていたことに気づいたら、

なんて話しかけますか?

このように自分をよりプラスのイメージにすること、これはスーツとシャツだけではできないことです。

 

暑苦しい時期が過ぎてネクタイを締める日々に戻ったとき、めんどうだなぁと言われず、

イメージチェンジや自己アピール、コミュニケーションツールとして、

ネクタイが広まっていくといいなと思う今日この頃です。

憧れのオーダースーツ

歴史をすべて遡ってみれば、服というのはそもそも自分に合わせて仕立てるものでした。

 

それが文明も発展と共に、服の規格を作り、機械で作ったものを大量に売るようになり、オーダーの文化は

一部の人のものとなりました。

 

しかし今、様々な種類に分かれて発展したことにより、富裕層にしかできないと思っていたオーダースーツは、

どんな人にでも手が届くものとなりました。

 

ではオーダーの種類は何があるのか?ブランドによっても名前や認識に違いがありますが、 Corvoでの種類に

もう一つ加えた4種類についてご紹介していきます。

 

2019124193839.jpeg

①パターンオーダー

  早速Corvoでの取り扱いのない種類ですが、これはヌードの採寸を必要とせず、よって型紙の作成をしないことが

  他のオーダーと決定的に違うところです。

  Y体・A体・AB体などに分かれたブランド独自の既製の型紙を、CAMによって長さの微調整を行い、自動切り出し、

  機械縫いにて作ったもので、丈の詰め伸ばし(ブランドによっては胴回りも)が主な補正箇所となります。

  限定した部位の調整をするだけなので不格好なスーツになってしまう場合もあり、特殊な補正はできません。

  オーダーでは一番安価で、既製服に体型が合うが大きな丈の補正が必要な人や、

  既製の型でデザインを選びたい場合に向いています。

 

②イージーオーダー

  採寸をするようになるこの種類からCorvoはお取り扱いをしています。

  一般的にはパターンオーダーの進化系のような扱いで、採寸がない場合もあります。

  CAMの元となるデータを作ることができるCADで型紙の図面から調整をするため、補正の自由度が高く、

  肩のライン(なで肩・いかり肩)、出尻、平尻など一部の体型補正が可能となります。

  レーザーによる自動切り出し、機械縫い(工場によって自動化レベルは違う)で、

  標準くらいの体型の場合は、フィッテイングをしっかり行えば見た目にはフルオーダーに並ぶスーツが仕上がります。

 

③フルオーダー

  オーダーといえばこのフルオーダー。

  Corvoでも一番こだわっているラインであり、ブランドによってもそれぞれの特徴が存分に発揮されるラインです。

  ヌードの採寸を行い、手書きで顧客ごとに型紙を作成し、専門の職人による手裁断をするというのが

  『フルオーダー』の共通点でしょう。

  機械の制限にとらわれないので体型補正、デザインの自由度がかなり高くなり、体型が気になる場合や、

  ディテールにこだわりたい人にお勧めです。

  Corvoのこだわりは、縫いは手縫いと機械縫いを併用しており、動く箇所(曲線部)が手縫いとなっています。

  (袖付け、衿付け、ボタン付け、裏地付け、ゴージ、腰ポケット)

  袖付けは手縫い高級スーツの証であるロープドが選択可能で、また針穴の小さなボタンも手付けの証となります。

  直線部の縫製は機械縫いの方が綺麗なため、直線部やパンツは一人の職人が機械で縫い上げます。

  また、縫製段階で中間プレスを多用し立体的に仕上げます。

  職人による中間プレス(アイロンワーク)は生地は熱と蒸気を当てることで変形するという熱可塑性を利用し

  胸の高さ、袖の前振り、肩線、肩先のイセ量を確保し可動箇所にゆとりを確保することで、

  自然な立体感とフィット感を作り出します。

  良いとこ取りをすることでシャープかつ、可動部はハンドメイドで曲線線的でフィット感がありながらイセが

  ストレスなく着用できるよう、バランスに優れた仕上がりにしています。

  一般的に仮縫いをすることが多いのですが、Corvoはヌード採寸後ゲージ服にて補正するので仮縫い工程を削減。

  また、癖を見やすくしたり完成をイメージしやすくなるという点があります。

 

④フルハンドメイド

  フルオーダーの縫う工程をすべて手縫いにしたパターンで、柔らかい生地の風合いを生かす作りとなっています。

  具体的には、ハ刺し、ボタンホール、パンツ、ステッチも手縫いとなります。

  ハ刺しとは芯地と生地を糸で留めることで、これを「芯据え」とも言います。

  ジャケット一着に2000針も縫い込むという非常に手間のかかる作業です。

  ハンドで「芯据え」を行うメリットとは、手縫いによる適度な「ゆとり」により自然のラペル返りとなることです。

  しかし、手縫いは縫いが甘い分、機械縫いに比べ耐久性に劣り、直線部もがたついてしまうデメリットがあります。

  曲線的でハンドメイド感を味わえる暖かい印象のスーツを作りたい場合にお勧めです。

 

スキャバルの生地のご紹介

スキャバルは、スーツ好きなら口をそろえて「名門」と言う生地ブランドでして、ベルギーを本社としながら、英国にある多数の生地織元を傘下に置く毛織商社です。

 

質実剛健な英国生地には対照的とも思える、華やかで革新的なテキスタイルデザインが特徴です。

 

せっかく作るスーツを長く着たい。と、英国生地を選ばれる方は多くいらっしゃいます。

 

現在の織り方では、英国もイタリアもほとんど生地の違いはないといっても、やはり昔ながら英国生地に勝るものはないというイメージが強く残っています。

 

昔は、英国生地は経緯糸を双糸で、イタリア生地は経糸を双糸、緯糸を単糸で織り上げていました。

 

双糸だけで織り上げたものは重厚感のあるハリが出るのですが、これが英国生地はシワに強く、重く、堅いというイメージになっていったのです。

 20191110182558.jpeg

20191110182634.jpeg2019111018272.jpeg20191110182727.jpeg

コルヴォでは今季より、スキャバルの取り扱いを開始いたしました。

 

そしてこの【トルネード】というシリーズは先述した昔ながらの技法で織り上げられています。

 

目付も320gというヘビーウェイトで仕立て映えすること間違いありません。

 

実用性と目を引くデザインとを兼ね備え、生地の世界に新しい風を吹きこむスキャバルの製品を見ていると、心まで華やぐようです。

 

「スキャバル トルネード」

パソナルオーダー価格 ¥118000

フルオーダー価格 ¥148000

シャツ素材について

ジャケットが手放せない季節となり、スーツの需要も増えてまいりました。

しかし、ビジネスマンにとって一番欠かせないアイテムとはシャツではないかと思っています。

シャツは、普段からスーツを着る人は何着も持ち、そうでなくとも一着は持つ、クールビズの時期は一番の顔となる、通年の必需品です。

より肌に近く、毎日着るシャツを選ぶ際には、デザイン・着心地だけでなくお手入れ方法も重要なポイントとなっています。

しかし、シャツ素材である綿とポリエステルは一長一短で「どの割合がいいの?」というお声もちらほら。。

そこで大まかに3つの割合から、選ぶポイントを挙げたいと思います。

 

シャツといえば綿100%が一番いいものとされています。

良いスーツに合うのも綿100%のシャツですから、オーダースーツ屋としてもおすすめしたいのですが

これは「着心地がいいが、毎日着るには大変」なのです。

綿は、光沢があり高級感のある見た目。柔らかく吸湿性、通気性、保温性に優れ肌に優しく着心地がよい。

劣化しにくく熱に強い。毛玉もできにくい為長く着られるのがメリットですが。

シワになりやすくアイロン、又はクリーニングに出す手間があること。

縮みやすいこと(1~2cm程)、日焼けで黄ばみやすい、そして高価である、というのがデメリットです。

ここぞという時のシャツや、毎回手入れができる余裕のある方向けとなります。

昨今では綿100%の形態安定加工が施されたシャツもありますが、ポリエステルに比べると防シワは完全とは言えません。

20191029194441.jpeg

ポリエステルは綿とは全く逆で「着心地は(綿に比べると)劣るが、手入れがしやすい」面がありますが

その分汚れや臭いがつきやすい、毛玉ができやすいというデメリットもあるため、なかなか長い着用はできないでしょう。

ポリエステル100%のシャツは、お手入れが簡単な方がよく、流行ごとにデザインを変えたい方に向いているといえます。

熱に弱い部分もあるので、アイロンはかけても軽く、というのが忙しい現代人に嬉しいですね。

 

そこでいいとこ取りをしている、綿50%ポリエステル50%シャツの登場です。

それぞれ100%のものと比べると最大のパフォーマンスをしてくれるわけではないのですが

一番人気はこの割合でしょう。

綿100%より手入れしやすく、ポリエステル100%より着心地よく、比較的安価なものが多いので

オーダーシャツ最初の一枚に最適ではないでしょうか。

2019102919440.jpeg

ちなみに、生地の織り方によって割合が決まっていたり、デメリット部分を軽減する織り方もあったりします。

また次の機会に。。

K様 お仕立て

20191110182839.jpeg2019111018297.jpeg

K様お仕立ての3Pスーツです。

生地はスキャバル社より仕入れたアーサーハリソンで制作しました。

幅広のストライプは派手な印象にもなりがちですが、自然な印象でよくお似合いです。

ベストをダブルにしたことで、より英国紳士らしさが出ています。

裏地は黒無地でシンプルに。

洗練された魅力が溢れる一着となりました。

次のイメージもして頂いているようで、私も楽しみです。

またのご来店をお待ちしております。

ページ上部へ