ホーム>Corvoのこだわり>仕立て

仕立て

仕立て

仕立て

手裁断

201842012524.jpg
 
 

職人の手に裁断。

CADシステム、機械による裁断が主流の現在、型紙を職人が直接チャコを引き裁断する方式を採用。

一人の職人が一日裁断できる生地は4着程度。

ミリ単位にこだわり、体形補正を入れるなら非効率でもこの方式が最良。

アイロンワーク

201842004359.jpg

アイロンワークを多用した立体的な仕立。

工程の間にウールの熱と蒸気で変形するという性質を利用し、何度もこのアイロンワークを施す。

熱と蒸気を加え、何度も休ませ、スーツは仕上がっていく。

胸からウェストの自然なくびれ、前に軽くカーブした袖付け。

まさに、ウール生地を自在に操る職人技。

熟練職人よる袖付け

2018426131033.jpg

Corvoのスーツの袖は特に職人が熟練した職人によって行われる。

袖は普段動かす肩廻りの、着心地を左右する。

特におすすめしたいのがロープドショルダー。

イセを多くとりそれをアイロンで丁寧に殺す。

簡単にいえばアームホールより太い袖を挿しこむとき、袖側にあまりが出て皺になる。これをあえて処理しないのが「雨降らし袖」だ。

これを皺のないようにアイロンで丁寧に処理する。これを「イセを殺す」という。

極端にいえば吊革につかまろうが、万歳をしてもCorvoのスーツは身頃が腰にフィットする。普段着るものだから着心地を大事にしたい。

これは袖に稼働域をもうけたイセによるものだ。

この処理を行える職人は数少ない。

(雨降らし袖、割り袖の選択可能)

 アイロンワークの賜物の自然なシルエット

201842613956.jpg

アイロンワークによって生み出される。

ウェストのラインは自然だ。

また通常のスーツではダーツあたり3cm程度のつまみ量だが、Corvoのスーツは4cmつまむ。

これはアイロンワークの処理がなければ生地を無理につまむことになるので皺がでる。

それを可能にするのがアイロンワークだ。

すなわち、胸と中胴の絞りが大きく生まれ、男性的な胸の立体感を生む。

 

 耐久性を求められる箇所はマシーンで

201842012721.JPG

着心地に関係する芯据え、袖付けなどの曲線部はハンドで。

パンツの縫い線、裏地の貼り付け、耐久性が必要な直線部はマシーンで。

ビジネスシーンで使うからこそ耐久性を意識する。

単純にハンドメイドを信奉しないのがCorvoのスタイル。

天然釦は手付で

20184201391.JPG

Corvoのスーツは本水牛釦釦が基本。

負荷のかかる釦は手付で。

丈夫な麻糸を使用。

機械式とは違い、根巻きにすることで着脱しやすく取れにくくなる。

 

 

 ネーム

2018422155433.JPG

Corvoではカラークロスにネームを入れる。(身返しに入れることも可能)

仕立の段階にしか刺繍を入れることはできない。すなわちオーダーメイドの証となる。

パンツは一人の職人による丸縫い

2018426133144.jpg

パンツは一人の職人が縫製を一貫して行う、丸縫いを採用。

リアスバケットなど凝った仕様はもちろんのこと。

美しいシルエットを生み出す。

(※写真のパンツはパンチェリーナ、ボタンフライ仕様)

 

ページ上部へ