ホーム>コルヴォ名古屋・大阪ブログ>代表コラム>上質なコートのススメ
代表コラム

上質なコートのススメ

ただいま、コルヴォではオーダーメイドコートフェア―を開催しています。

詳細はこちらから

コートフェアにちなんでコートの話題へ

コートって防寒の意味合い以外に「ステータスシンボル」という意味合いがあります。

男性のステータスシンボルは車、腕時計、スーツといったものがあげられます。

車が発達するまではその役目をコートが担っていました。

「日本でも車社会になるまではカシミヤのコートを男はみんな、一着は持っていた。」

と60過ぎたテーラーは口をそろえて言います。

車社会になって防寒の必要性も薄れ、コートの需要は減ったと。

「休日におしゃれして、(男性は)カシミヤのコートを着て百貨店、レストランに行ったものだ。」

「昔は、500g以上の目付の重い(コート生地)のが多かった。

いまは軽くて風が吹くとバタバタする安っぽい生地が多い。」

「一着、給料の2~3か月分するコートでも良く売れた。」

と馴染みのテーラーさんはよく口にされます。

昔ながらに、上質な厚手のロングコートはいかがでしょうか。

2019102204136.jpeg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sartoriacorvo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/779

ページ上部へ