ホーム>コルヴォ名古屋・大阪ブログ>名古屋店

名古屋店

「合い物」のスーツって?

スーツを購入、または仕立てる際、使用する季節によって生地の選び方は変わります。

夏物は当然薄い生地の方が良いですよね。

コットンやモヘヤ、トロピカルなどの生地を使用したものが多く、織り方が粗めなので通気性も良く軽いです。

逆に冬物は厚手の生地になります。

ウールやカシミヤなどを使用し、きめ細かく織っていくことで保温性に優れた重厚感のある生地に。

では、この二つに当てはまらない場合はどんな生地を選べばいいのか。

そんな時に選ぶのが「合い物」。

良く言われる「オールシーズン使えるものがいい」、そんな時にお勧めする生地です。

(ここではオールシーズンを、夏場を除くシーズン約10か月として説明します)

生地の目付は約240g/m前後。(目付とは、生地1mあたりの重量)

薄くもなく厚手というわけでもなく、まさにシーズン問わずといった重量。

正確には、「合い物」とは夏と冬の間の時期に着るものなのですが、現代では夏場を除くシーズンに着るものぐらいの感覚で大丈夫かと。

ここ日本では、高温多湿な気候が故に裏は背抜きにしてあるものを見ますが、基本的にスーツとしては総裏になります。

表地を守る役割のあるものなので、私自身も総裏をお勧めします。

ここ近年気候の変動が影響し、「春は寒く、秋は暑い、、季節が夏と冬しかない、、」といった感じになってきているので、昔に比べると「合い物」自体減っている気がしますが、それでもまだまだ需要は高いです。

イタリアなど、日本のように夏が暑い地域を除き、通年生地を使用する国も多々ありますね。

かくいう日本でも、夏物冬物に比べると合い物生地のスーツを着用する方のほうが多いです。

なので、色柄含めておすすめしたい生地には「合い物」が多いんですよ。

例えば、「ロロ・ピアーナで合い物が欲しい」「ゼニアでシーズン長く使いたい」「少し変わった感じの通年生地ない?」など、ご要望頂ければチョイスしてご提案します。

ちなみにこの時期お仕立ていただくと、スーツの納期が約1か月半になります。

夏越えどころか初夏の時期には仕上がるので、余裕をもって衣替えを迎えることが出来ますね。

次回辺りのブログでは、おすすめの「合い物」生地をご紹介します。

「ちょっと気になるな」と少しでも思ったら、是非見て下さい。

気に入って頂けると思います。

 

201863185835.jpg

魅かれる生地 HUDDERSFIELD~snowflake~より 

見ていると魅かれてくる生地というものがあります、今回魅かれたのはHUDDERSFIELD(ハダースフィールド)。

スーツ地において、ハダースフィールドは有名ですよね。

簡単に説明すると、ハダースフィールドはイギリスの人口15万程の都市。

その安定した水質によって昔から毛織物の産地として栄えてきました。

そして19世紀のイギリス産業革命以降、ハダースフィールドに様々な老舗ミルが工場を構えています。

世界で最も歴史のある服地商です。

ハダースフィールドの生地というと、ハリコシがあり質の高いものだという印象。

ですが、近年の多様なニーズにより様々な特徴を持った生地も増えています。

そこで今回、中でも魅力的な生地を見つけたのでご紹介します。

「snowflake」(スノウフレーク)

少し早いですが、秋冬用に寄ったバラエティーに富むジャケット地。

オフの日に使えそうな、控えめながらもインパクトのある生地を揃えています。

ビジネスライクとは少し離れますが、シーンによっては大活躍しそうな生地が多いですね。

ここでチョイスしたのはこの生地です。

 

2018527163652.jpg

少し緑がかったチェック。

淡い素朴な風合いの中に、オシャレな一面も感じさせます。

仕上がりの全体像はこんな感じになりそうですね。

 

2018527163925.jpg

実際はこれより色も薄く柄もおとなしくなりますが、グリーンチェック系の雰囲気はつかんでいただけるかと。

これがジャケットならば、パンツはデニム、靴はローファー。

颯爽と車から降りてくる姿、まったりカフェでくつろぐ姿、イメージピッタリです。

 

2018527154437.jpg

 

清涼感を出すためにシャツは白がいいですね、そしてノータイスタイルです。

柄物のジャケットを着るとお腹辺りが少し寂しいですから、ジレを挟んでもオシャレです。

また、こういう色柄って意外と汎用性も高いんですよ。

思いがけず使うシーンがどんどん出てくるかと思いますが、ガンガン使ってあげて下さい。

こうやって語っていると、やっぱり欲しくなってきますね、、、

一度魅かれると中々頭から離れないので、困ったものです。

すぐにでも仕立てたいところですが別の生地で作ったばかりなので、もう少し我慢ですね、、(笑)

とにかくその魅力だけでもお客様にお伝えしたいので是非見て想像してみて下さい。

素敵な生地です。

名古屋本店

 

201851416317.jpgのサムネイル画像

こんにちは

最近名古屋は快晴日と雨日と、天気が忙しそうです。

あわせてお店の方も忙しく、バタバタする日が続いてます。

そんな中、ご新規のお客様から「名古屋店は分かりずらい」「入りにくい」などのお声がありました。

確かに、、オフィスビルでしかも8F、、わかりづらい(笑)

そこで今回は、今更ですが名古屋店のご紹介です。

最寄駅は池下駅、そこから徒歩で西に約5分ほどのところにオフィスビルがあります。

それが上の写真です。

1Fに靴専科というお店があり、その右側からエレベーターホールに入れます。

あらためてこうして見ると分かりにくい(笑)

そしてエレベーターで8Fへ上がると

店舗入り口 

2018516131936.jpg

 

ここが名古屋店のエントランス。

内装、お店からの景色はこんな感じになってますね。

2018516132217.jpg201851415423.JPG

2018514154226.JPG

オフィス感満載です(笑)

ですがそれも、お客様によりリラックスできる空間でお仕立ていただきたいが為。

少し隔絶された空間で、誰も邪魔することなくこだわりの一着を熟考できる場所。

知識豊富で楽しい代表とスタッフがお待ちしております。

いつでもご予約下さいませ。

 

ゼニアフェアについて紹介②

ゼニアフェアブログ第二弾

今回は生地紹介です。

特に人気だった三つに絞ってご紹介します。

 

2018514154126.JPG

ネイビーの無地、ビジネスにおいては定番ですね。

色味がすごくきれいです。主張しすぎない光沢が絶妙で、シーン問わず使用できます。

 

2018514154139.JPG

ネイビーのグレンチェック。

英国調でクラシック回帰と言われるここ数年よく出る柄です。

落ち着きのあるゼニアらしい生地ですね。

 

 

 

2018514154238.JPG

グレーのストライプ。

ピッチが広く、少し強めの印象になりがちですが素朴な色味なのでいやらしさがありません。

使いやすいスーツになりそうです。

 

どれも個人的にすごくゼニアっぽいなと思う生地ばかりでした。

他にもまだまだご紹介したい生地はありますが、店舗で直接ご覧いただければと思います。

名古屋店はオフィスビルの一室でプライベート空間のような、そんな場所です。

リラックスしてご自身のペースでご覧いただけますので、お気軽にお越しください。

一緒にコーヒーを飲みながら最高の一着を作りましょう。

ゼニアフェアについて紹介①

 

 

corvo では現在ゼニアフェアを開催中です。

5/1~5/31の一か月間ですが、約半月経った現在まで、名古屋店でも大変好評頂いております。

フェア中はやはりゼニア好きなお客様が多く、色んなお話をさせて頂く中で私としても改めてゼニアの魅力を感じることが出来ます。

ありがとうございます。

さて、フェアも残り半月ということで、今一度内容をお伝えしておきます。

フェア内容は、HPと大阪店ブログでも記載しておりますがゼニアの「トラベラー」を対象生地としたもの。

「トラベラー」はビジネスマンに向けて作られた生地であり、糸を強く撚っているためシワになりにくく、扱いやすいです。

価格は、

2P;フルオーダーラインで¥112.000

2P;パーソナルオーダーラインで¥98.000  

となっております。

フェア目的でご来店頂いた方のほとんどがフルオーダーラインでのお仕立て要望でした。

先日お越し頂いたK様曰く「普通に作ってもフルオーダーの方がいいのに、フェアならなおさらでしょう」との事。

ごもっともです(笑)ありがとうございます。

フェア中選んでいただいた生地もご紹介もしたいのですが、生地数の関係で今回は載せきれないので次回画像付きで記載します。

というのも正直、フェアが思っていたよりも好評なのでつい舞い上がり、フェアブログを二部構成にしたいと思っていました(笑)

今回の続きになるので是非ご覧下さい。

研修生活(体型補正について)

こんにちは!

 

 

corvo名古屋店スタッフの大道です!

 

 

今週は真夏日が続くそうなので体調管理をしっかりとして元気に勤務できるよう頑張ります!

 

 

さて本日のテーマは体型補正についてですが、みなさんはこの体型補正というのはご存知でしょうか?

 

 

ご覧になられた方もいると思いますが、corvoのホームページの

 

「corvoのこだわりについて」

 

の、顧客の体の体型補正というところに、

 

「人間の体は一様な形ではない」

 

という一文があります。

 

 

周りを見渡して人の体を見てみると、身長、体格、筋肉の付き方など人それぞれです。

 

 

そこでフルオーダーならではの体型補正を入れることによって、お客様の世界で一着の自慢の一張羅を仕立て上げることができます。

 

 

そこでまだお店に行ったことがなくてどんな補正があるのか気になる、という方のためにここでいくつか紹介させていただきます。

 

 

まず体型補正の種類ですが、

 

先ほどのcorvoのホームページにもある通り、ジャケットでは

・なで肩

・怒肩

・反身

・屈伸

・鳩胸

・つき取り

 

パンツでは

・出尻

・平尻

・o脚

・前腰

 

などが挙げられます。

 

 

では次にいくつかの体型の内、どのような影響があるのかを本日はジャケットで多く見られる補正について、資料の写真を用いて紹介します。

 

 

まず、なで肩についてです。

 

みなさん想像はつくと思いますが、なで肩とは肩先が落ちている人のことを指します。

 

スーツは少しなで肩がいいといわれていますが、なで肩過ぎてしまうとどのような影響が出てしまうのかなのですが

 

スーツの後ろ背中にハノ字のしわが出ます。そしてなで肩によりジャケットの肩が下がることによりフロントカットが少し内側によります。

 

201857191248.jpg

 

次に怒肩です。怒肩とはなで肩とは逆に、肩先があがっていることを指します。

 

症状として、なで肩とは逆に、背中に逆ハノ字のしわが出ます。そしてジャケットの肩が上がることによりフロントカット部が開きます。

20185719138.jpg

 

次に鳩胸です。鳩胸とは胸が大きく発達した人を指します。筋肉質なスポーツマン体型の方に多いです。

 

症状として、Ⅴゾーンが開き浮いてしまい、襟がくの字に折れ、脇下に胸にかけての斜め皺が入ります。

201857191326.jpg

 

次につき取りです。つき取りとは首の後ろに半月上のしわが出ることです。首が後ろに反っている人に多く見られます。

201857191345.jpg

 

このように少しでも特徴的な部分がみられると、各箇所にしわがみられます。

 

 

やっぱりせっかくのスーツならしわのない綺麗でかっこいいものを着たいですよね。

 

 

是非こういった体形にお悩みの方はcorvoのフルオーダーならではの仕様をご体感ください!

 

 

今回はジャケットの4つの補正について紹介しましたが、またパンツの補正やジャケットの別の補正について紹介していきますので

読んでいただけると、うれしいです!

 

では本日はこの辺で・・・

 

corvo名古屋店

 

 

 

 

 

 

研修生活(ネクタイの結び方)

こんにちは!

 

corvo名古屋店スタッフの大道です。

早く一人前になれるよう今日も勉強に励んでおります!

 

 

突然ですが、みなさんはネクタイを結ぶのに慣れるのがどれくらいかかったか覚えていますか?

 

 

今思い返すと新入社員の時は大変だったなぁという方や、すぐに覚えて特に大変と思ったことはないという方もいますよね。

 

 

ちなみに僕は今、ネクタイの結び方を改めて教えてもらい、少し苦戦中です。。。(笑)

 

 

みなさん今ではネクタイの結び方やその種類について知っておられる方がほとんどだと思いますが、

 

今日はそのスーツを着るにあたっての基本のキであるネクタイについて、そして未熟な僕の苦戦している点について書かせていただきます。

 

 

まずネクタイの結び方ですが

・プレーンノット

・ダブルノット

・スモールノット

・プレーンノット変形

・ウィンザーノット

・セミウィンザーノット

・クロスノット

など、他にもシーンによっての特別な結び方はありますが、このあたりが多くみられる形です。

 

 

このなかでもcorvoの主流はプレーンノットになっているのでプレーンノットについて注目していきたいと思います。

 

 

プレーンノットはいろいろある結び方の内、最も簡単で一般的とされています。

 

 

就活やビジネスなど幅広いシーンで活用できます、発祥は19世紀の中ごろと古い歴史がありますが、この現代においても

 

使用頻度の多さや着脱時の損傷も少ないことからこの結び方が多く利用されています。

 

 

皆さんも今では違うかもしれませんが、新人の頃はこの結び方の方が多かったのではないでしょうか?

 

 

僕はネクタイの結び方を教えてもらった人がセミウィンザーノットだったので最初は違ったのですが、

 

今はcorvoのスタイルに合わせてプレーンノットを練習しています。

 

 

さて、なぜ僕がこの最も簡単で一般的なプレーンノットで苦戦しているのかというと、

 

紳士としてネクタイを結ぶにあたって綺麗にかっこよく見せるポイントとして「ディンプル」というのを作ります。

 

 

ディンプルとは日本語で「えくぼ」という意味でネクタイの根元にくぼみを作り、立体感のある表情を出すことができます。

 

 

ディンプルにはダブルディンプルというのもあったり、シーンによっても使わない場合もあります。

 

 

そして僕はとてもお恥ずかしいのですが、このディンプルを知りませんでした。。。(笑)

 

 

慣れれば簡単なものですがコツをつかむのが遅い僕にはまだ少し練習が必要です (笑)

 

 

この写真が今日ご紹介したプレーンノットにディンプルがついている状態です!

 

201857192329.jpg

 

とてもきれいですよね!

 

僕も誰に見られても恥じないようにこのくらいすぐにできるように頑張ります!

 

 

今日はプレーンノットだけの紹介になりましたが、またほかの種類の結び方の特徴を紹介します。

 

 

今回も「スーツ」という題名ではなかったのですが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

corvo名古屋店

 

研修生活(靴磨き)

こんにちは!

 

今年度から新しく新入社員として、corvoの一員となりました 大道 詞音 と申します。 

名古屋店に勤務しており、今は研修期間として、採寸技術やいろいろな知識などを勉強しています。

そして、これからは名古屋店のブログを僕が積極的に更新していこうと思います!

まだわからないことが多く、文章として汚く見ずらいと思いますが、研修期間の僕の成長日記としてみていただけると嬉しいです !

 

さて、簡単ではありますが自己紹介をさせていただいたところで、新人スタッフ大道の第一回目の内容は・・・

 

代表と一緒に革靴を磨きました!

 

あれ?スーツのことじゃないの? と思われたたはずです (笑)

 

決してスーツのことを勉強していないわけではないですよ!

 

ただスーツにこだわりを持っている方は靴にもこだわりをお持ちの方は多いはずです。

 

紳士の嗜みの一環としてスーツ同様、靴にも愛情をもって長く良く使っているというのはとてもかっこいいことですよね。

一流のホテルマン、ブランド店員は靴を見るといいます。

靴の手入れをしているどうかはその人の人格、性格を表すといいます。

それは高価な靴を履くとかではなくて、ファッションに対する姿勢を表します。

 

僕は代表が昔履かれていた革靴をいただきました。

 

そこで、その靴が少し汚れていたので紳士の嗜みの勉強として、手入れをしようということになったのです。

 

そして、頂いた靴の手入れ前の写真です!

201857192640.jpg

20歳の僕にはまだ早いようなとてもいい靴です(笑)

黒色の内羽根式のストレートチップとてもベーシックなタイプの靴です。

 

この形の靴は、一般的に非常にベーシックなタイプとされていて、中でも黒のストレートチップは最もフォーマルな革靴とされており、幅広く使える一足です。

 

さて、皆さんもご存じだろうという簡単な知識を挟んだところで手入れに入ります (笑)

 

まずは靴全体についているほこりをブラシと、水を濡らし固く絞った布で拭いていきます。

 

次に、クリーナーを布に付けて汚れを吹き上げます。

 

そしてクリーナーで汚れを吹き上げた後は、乳化性クリームを布に付けて全体に塗り広げます。

このクリームは革にツヤを出し、保湿する役割があるそうです。

このクリームは少量でよいのですが、少し付けすぎてしまい怒られてしまいました(笑)

 

そのあと乾いた布で余分なクリームをしっかり取り除き、つま先やかかとなど部分的にワックスを塗っていき完成です。

 

革靴の手入れをやってみて、僕は学生時代サッカーをしていてたまに天然皮革のスパイクを買ってもらったときは、よく仲間同士で手入れをしていましたが

革靴は高級感のあるものを手入れするので、また少し違った楽しさというものがあり、もっと勉強しようと思いました。

 

僕が初めていい革靴を持ったのは貰い物という形ではありますが、それを「お古だからすぐに壊れた」ということは言いたくないので、

定期的に手入れをしていき、また革靴についてのブログを書けたらいいなと思っています。

このブログを見ていただいた方から僕にスーツを仕立てに来たというお客様が出ていただけるよう、最高のおもてなしができるよう日々努力したい思います。

僕の初めてのブログは長く読みずらいところもあったとは思いますが、最後まで読んでいただきありがとうございます。

これから数を重ねて読みやすく伝わりやすい内容にできるよう頑張りますのでこれからもよろしくお願いします。

corvo名古屋店

出張採寸について

 Corvoでは現在出張採寸のサービスを行っております。

ご要望があればご指定の日時場所にフィッターが訪問し採寸する、というものなのです。

利用経験のある方は多くないと思います。

201857193418.jpg

そこで今回のブログでは、出張採寸についてメリットデメリットを含めてお伝えできればと思います。

まず、出張採寸を利用する理由として、例えば「スーツは欲しいけど、多忙で買いに行けない」「店舗に行くのは面倒だが、スーツはオーダーしたい」などがあります。

もし同じような状況にありましたら是非ご利用ください。

「仕事の合間にオフィスでお願い」 「直接自宅に来てよ」などご指定頂ければお伺いします。

他にも「専属のフィッターが欲しい」「家の近くにテーラーがない」など、一度ご相談頂ければ出来る範囲で対応致します。

イメージとしては歩くテーラーといったところでしょうか。

ただ、一人が荷物を抱えて移動するため持ち運び出来る物の量が限られます。Corvoでは店舗でお仕立てする際、ゲージ服というスーツのサンプルも使ってフィッティングするので す。

出張採寸のメリットは以前に店舗でオーダーされたリピーター様なら時短です。

Corvoでは取り扱い生地が3000種以上あります。その中から、私どもフィッターがリピーター様の好み、私どもの目で質、柄のセンス、目利きをした生地をご用意いたします。

昔ながらのテーラーはお客様に合った生地を勧め、それをお客様が吟味しながら購入したものです。 そこにはお客様がテーラーに対する信頼があったからです。

私どももそんな信頼いただけるテーラーを目指します。

新規のお客様には仮縫いをお勧めしております。

店舗ではゲージというお客様に合ったサイズの服を着ていただき、そこから針でピン打ちしサイズ感、シルエットを確認していただきます。

しかし出張採寸ではゲージ服を持ち運べません。そこで仮縫いという、スーツの形に仮に組んだものを着ていただきます。

仮縫いを行うということで訪問する回数が増えてしまいます。 これは面倒に思えますが、大事なプロセスです。

お客様の要望、細かい修正をさらに加えお客様の希望のスーツに近づけるというプロセスです。

ちなみに私どもはイメージしやすいようにフィッターは電子端末を持ち、スーツの画像、Corvoの提案するモデルをお見せしながら、まるで店舗にいるようにお見せします。

是非、出張採寸をご利用ください。

セルフイメージ

定食屋の待ち時間に読んだ雑誌に「田中角栄」についての記事をよんだ。

田中角栄といえば無類のカリスマ性を持った人物として語られる。

一番初めの選挙には落選したという。モーニングを着ての選挙活動をしたらしい。

不動産会社を経営していた角栄は自らの経済的基盤、信用を暗に示すためにどんな暑い日、寒い日もモーニングを着ていた。

「日本人の好むリーダー像」

角栄の華美すぎる格好は、選挙区の新潟では、関東地方に比べての経済格差に喘いでいた新潟の人々に受け入れられなかった。 角栄は次の選挙戦では長靴を履いて選挙戦を戦った。 ときに、同じ立ち位置に立って、互いに共感しあう。

角栄のカリスマ性の第一歩はモーニングを脱いだ時にあったのかもしれない。

他者の支持を集め成果を求めるには、自に求められるセルフイメージを掴まなくてはなない気がする。

201822423183.jpg

ページ上部へ